病院で働く薬剤師の仕事内容
病院で働く薬剤師には様々な仕事があります。
最も代表的なものは調剤と服薬指導です。

まずは調剤についてですが、患者さん一人一人の症状にあった薬を作っていきます。
他の薬との飲み合わせや副作用、量、飲み方などを事前にチェックしておき、それに応じて調剤を行います。
必要に応じてその病院独自の薬を調剤することもあります。

次に服薬指導についてですが、患者さんに対して処方した薬を正しく使ってもらえるように薬の効果や使い方、注意点などをしっかりと説明していきます。
患者さんから要望があればそれを聞いてできるだけ反映するようにします。
病院を訪れる患者さんは自分の病気に対して不安を抱いている場合が非常に多いので、患者さんの不安を取り除いてあげるような説明をすることが大切になってきます。

代表的なものはこの2つですが、薬剤師には他にもたくさんの仕事があります。
まずは、患者さんの薬歴の管理です。
もしも患者さんが複数の病院に通っている場合は薬の飲み合わせによっては症状が悪化してしまうケースがあります。

そのため、事前に患者さんが処方されている薬の情報などをしっかりとデータにまとめておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。
また、注射薬の調剤も薬剤師の仕事の一つです。
処方箋の内容に従って、投与する薬の量や期間をチェックして調剤を行ってきます。

薬の効果を落としてしまわないためにも無菌室で丁寧に調剤することが必要です。
病院内にある医薬品の管理もしっかりと行う必要があります。
医薬品の購入と保管、さらには各部署への供給の管理もします。

薬によっては温度や光などによって効果が薄れてしまうものもあるので、それぞれの医薬品にあった保管方法をしっかりと学んでおく必要があります。
血液を原料とした医薬品に関しては、使用した患者さんの情報や投与した量などをしっかりと記録し管理しておかなければなりません。
最近では医学が進歩し、様々な新しい薬が生み出されています。

そういった、新薬の情報をしっかりと学んで、医師や看護師の方に情報を共有していくことも薬剤師の大切な仕事です。
今までにあった薬の情報だけでなく、どんどん新しい薬の情報を学ぶ必要があるため、毎日が勉強になります。
患者さん一人一人にあった薬をしっかりと調剤し、もっとも安全な形で薬を処方することが大切になってきます。
この他にも勤務する場所に応じて様々な仕事が与えられることがあります。

薬剤師求人サイトランキング

マイナビ薬剤師




>>>薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師は、「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの
株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職・就職支援サービスです。

首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーし、
満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。

*・*☆マイナビ薬剤師の強み☆*・*
薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、
マイナビ薬剤師は、5年連続で「利用者満足度No.1」の評価を頂いております。

1.たくさんの求人の紹介 50,000件以上の求人を保有し、お一人あたりにご紹介する平均ご紹介求人数は、
約22.0件(2017年11月時点)と、薬剤師の皆さまにとって豊富な選択を提示しております。
また、全国の薬局を地域情報込みでシステム化しており、モレのない求人紹介を行っています。
幅広い可能性を提示することは転職支援サービスとして当たり前の責務ととらえ、
ご紹介する求人数にこだわってサービスを継続して来たことが このような評価を頂けたものと考えております。

2.希望にぴったりの求人の紹介 マイナビ薬剤師のコンサルタントは、採用を実施する薬局や病院に対して、
深いヒアリングを行うとともに、現場の様子をしっかりと確認しています。
また、採用担当者だけでなく、現場の薬剤師さんにもお話を伺い、
「実際のところ」をお伝えするように心がけています。

3.相談に関する親身な応対 マイナビは人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた実績があります。
選ばれ続けるサービスとして、常にご利用者満足度を高めるため、
マイナビ薬剤師のコンサルタントは、現状に甘んじることなく、 日々の研鑽を積んでおります。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

リクナビ薬剤師




>>>リクナビ薬剤師


リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、
年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスです。

「求人数」業界トップクラス。
大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など、
「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ。
選りすぐりの非公開求人には、リクルートグループでしか見つからない求人も多数ございます!!


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

ファルマスタッフ




>>>薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

高収入情報満載!薬剤師の求人・派遣・転職といえば「ファルマスタッフ」

求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートいたします。
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績!!

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェントです。

ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、
職場の状況を具体的にヒアリングしています。

そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、
残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声を
しっかりと求人に反映しています。

今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方にも対応できます。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

薬キャリ




>>>薬キャリ

【薬キャリ】は日本最大級の薬剤師専門転職ポータルです。
【薬キャリのここがスゴイ!】
○業界最大級!3万件以上の求人情報数
○薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
○地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
○紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

ファーマジョブ




>>>薬剤師専門の転職サイト「ファーマジョブ」


ファーマジョブは薬剤師の資格をお持ちの方に
無料で転職支援サービスを行っております。
丁寧な対応で求職者の方一人一人との関係性の構築を大切にしており、
好条件求人を多く有していることから利用満足度で好評価を頂いております。

【特徴】
1.利用したい薬剤師転職支援サービスNo.1
ご利用満足度92%!地域の求人に精通した専任のコンサルタントがスピーディー且、
丁寧・親切に対応する為、利用満足度が高い事が特徴となります。

2.地域最大級の求人数
人気の病院・調剤薬局・ドラッグストア・企業など、豊富な求人を揃えております。
また、全国においても取引先が多く詳細な情報をお届けすることが出来ます。

3.非公開求人が豊富
当社のコンサルタントが採用担当者と普段から頻繁にコンタクトを取っている為、
質と鮮度の高い非公開求人をご案内することが出来ます。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

公立と民間の病院で薬剤師の給料はどちらがよいのか?


薬剤師の仕事で就職希望先として病院やドラッグストアなどがあります。
とくに就職先としては大病院の薬剤師が人気が高いです。
ドラッグストアなどで働く場合、企業(店舗)ごとに給料が違いますが、初任給としては調剤を行う薬局であれば、病院よりも高い傾向が見られます。

ただ、国公立などの病院の場合、ここで働く人は(派遣労働者以外)すべて公務員となるため、長期で安定した雇用が確立されています。
仕事内容においては、ドラッグストアの店舗で働く薬剤師の場合、販売や消費者への説明、クレーム対応、営業、販促、店舗内での掃除や雑用など、経営にかかわる様々なことに取り組む必要があります。

一方、大手医療機関であれば、薬剤の取り扱いのみに徹し、他の作業はほとんど無いでしょう。
また、薬の処方では大手医療機関では、非常に大人数のスタッフにより、患者に薬が手渡されるまでのチェックが何回も行われるため、間違いなく作業が行われるでしょう。

しかも、国公立病院であれば、定期昇給があり、勤務年数が一定以上になると民間が経営する医療機関やドラッグストアなどよりも給料が高くなる傾向が見られます。
さらに、一番差が出るのが、定年を迎えるときの退職金であり、初任給で給料が低いのも、退職金を含める諸々の掛け金が引かれていたことなどがあり、定年を迎えるころの役職などによっても違いますが、退職金が1500万円から2000万円受け取ることができるので、ここで大きな差が出ます。

また、年金に関しても厚生年金ではなく共済年金として受給され、公費で賄われるため安定していると言えるでしょう。
公立の医療機関であれば、定年前の数年から退職、その後と大きな差が出るでしょう。
民間企業は、業績により雇用が確立されているため、収益に給与が左右されます。

給与はある一定の年齢までは上がるでしょうが、頭打ちとなることがあり、当然、経営悪化となると給与にも大きく影響してきます。
トータル的に見て公立の医療機関で働くことのメリットが高いと言えますが、当然、公務員試験や採用枠といった高いハードルもあります。
ドラッグストアでも上場大手であれば、給料が高いところもあるでしょう。

転職により好条件であれば、職場を変わるのも良いでしょう。
問題としては、店舗の収益悪化で退店となる場合や、人員の問題により勤務地が移動となることもあるので、注意しましょう。
また、民間企業で近年、多いのが、大企業同士の経営統合で、合併比率が低い企業側のリスクもあるようです。

病院で働く薬剤師の仕事内容とは?

SONY DSC

薬剤師の仕事は、調剤と患者への医薬品の供給が主な仕事となります。
この職業に就くためには、6年間薬学部にて教育を受け、国家試験を受け資格を取得する必要があります。
はれて、資格を取得すると厚生労働大臣よりライセンスが与えられます。

業務としては、調剤薬局、ドラッグストア、漢方薬局、病院、医薬品会社、医薬品卸売業、教育機関など様々なところがあります。
一般的に多いのが病院やドラッグストアに調剤薬局でしょう。
近年、増えつつある、民間病院の医薬分業化で、投薬を外注化する民間の病院が多くなりました。

個人のクリニックから大手民間医療機関まで、医薬分業となっているところは多いでしょう。
この場合、それらの医療機関と連携を図り、病院側から指示された医薬品等を医師の処方箋を元に患者に手渡します。
ある意味、仕事内容は医薬分業でない院内処方の医療機関と仕事内容は一緒とも言えます。

ただ、個人でクリニック経営をしているところでは、専門外来であることが多く循環器、消化器、耳鼻咽喉、整形、泌尿器、などの科として分かれており、糖尿病などに特化した医院もあるでしょう。
大手の医療機関で総合的な診療科を持つ医療機関では、救急外来、一般外来、入院患者、手術、リハビリなど様々な仕事を行います。

ここで働く薬剤師は、個人のクリニックや調剤薬局などで働く人とは、多少差があります。
仕事内容で言えば、取り扱う薬剤が多くなるのと、対応する患者数や労働時間内の忙しさや緊張感などが違います。
院内で働く薬剤師は基本的に、医師の指示した処方で調剤を行います。

働く医療機関の規模や専門的な科目により様々な仕事内容となるでしょう。
大手医療機関では、ものすごい量の薬物が処方されるため、間違いは絶対に許されません。
そのため、調剤室では、数多くの薬剤師が働いており、何度もチェックが行われ、患者の元に薬剤が手渡されるまで確認事項を怠りません。

大手医療機関で働く場合、働くセクションごとに与えられた仕事のみをこなします。
しかし、ドラッグストアや個人クリニック及び医薬分業の調剤薬局では、売り上げ管理や接客(接遇)等の対応、その他の雑用なども仕事となります。
仕事内容においては、薬剤の仕事に徹することが出来るのは大手の医療機関で院内処方を行う薬剤師が良いのかもしれません。
国公立の医療機関であれば、公務員としての扱いとなるので給与、福利厚生面でもメリットが高いと言えます。

病院薬剤師における休みの取り方

SONY DSC

病院薬剤師とは、入院している患者さんへの薬の飲み方を指導したり、薬を調合したり、注射薬を準備したりします。
薬剤師の数は医療法によってベッド数や入院患者さんの数によって決まっていますので、その規定に沿って配置してあります。
全国的に薬剤師は不足しており、、特に地方に行けばいくほど明確です。

病院の中は、入院患者さんがいますので、24時間年中無休で常に医師や看護師がいて、薬剤師も夜勤や当直があったりします。
救急患者がいえば、その対応に追われます。
ですから休み(日曜や祝日、年末年始)は薬をつくったりして1人いないといけませんので、休みは交代して融通を働かせながら取っています。

病院の規模が大きいほど、薬剤師の人数も多いですので、休日に2人や3人は当たり前といったところもあります。
病院の仕事は肉体的にも精神的もかっこうハードですので、休日を効率よく取る必要があります。
また病院は女性が多いですので、出産や結婚で一時的に不在というこもあります。

その休みの期間がどれくらいになるかによって他の職員へ仕事の皺寄せがきますので、管理者はそのへんを考慮しながら人数配置と他の職員の休みの取り方をうまく計画するのです。
有給休暇という制度もありますが、なかなか取れていないのが現状です。法の施行で有給休暇の取得率を上げるよになっていますので、今後は有給休暇を取りやくなるかもしれません。

有給休暇を利用して研究会や学会に参加するのもあります。会社によっては一部あるいは全額負担がありますので、その制度を利用しながら切磋琢磨することもいいです。
仕事場といった一か所に限ることなく、幅広い視野を持つことでいろいろな知識を得ることができて、患者さんらに情報提供できるのです。
また自分自身への自信にもつながります。

学会に研究内容を発表することで学位を修得される方もいます。このようにいろいろな活用方法がありまので、ぜひ考えてみることもあります。
自分の体を休めたり、趣味に没頭したり、家族で旅行をしたりなどといったことがあるでしょう。
人それぞえですので、一概に言えません。自分がどのような環境に置かれて仕事をしているのか、自分がどのような役柄なのか、今後は仕事をどのように進めていくべきか、学位を修得するのか、転職して自分の能力をさらに発揮されるのか、将来性は、などといったことを考えて、前に進んでいきましょう。
休みの取り方というのはそれらがすべてかかわっています。

病棟薬剤師の仕事内容と転職について


病棟薬剤師の仕事内容としては、院内患者への薬調合です。
入院患者さんも毎日薬を必要としますので、その薬の調合があります。
注射の準備もあります。点滴などをするために注射薬の準備もします。

そして入院患者への服薬指導があります。
この服薬指導が、病棟薬剤師のメインなものとなります。
服薬指導とは、薬の飲み方や副作用発現や日常生活における薬とのかかわりについて説明いていきます。

また院内における医師や看護師などから薬についての問い合わせに応じる必要があります。
最近では残薬チェックといって、患者さんが飲み忘れた薬をチェックすることで、再利用するためにチェックします。
中身の状態がだいじょうぶであるのか、保管状況に問題がなか、といったことです。

また入院患者さんが他の病院でもらっていた薬があった場合、薬の照合をおこないます。
そうすることで重複などを避けます。
このように病棟薬剤師の仕事内容は多岐にわたっていますので、かなりハードです。

肉体的にも精神的にも体力を必要とします。また医師や看護師らとのコミニュケーションが大切ですので、そのような能力も問われます。
このようにハーな面もあってか、病院勤務から転職する薬剤師が少なくないです。
転職先として、調剤薬局やドラッグストアがありあります。

調剤薬局の方が人気があります。
一般的にみて報酬の面では調剤薬局がいいですし、仕事内容についてもそこまでハードではないです。
しかし薬を投薬したり、患者さんに薬の飲み方を説明したりする点では同じですので、精神的な面ではほぼ同じです。
ドラッグストアのほとんどは処方せんを扱うことがなく、一般用医薬品を販売することがメインになります。

一般用医薬品といっても患者さんの体調や副作用発現などについて知っておく必要があるので、今までの知識が必要になります。
ドラッグストアではこのように販売が目的ですが、薬などの整理や店頭販売の準備といった肉体的な面を必要とします。
いずれにしても薬といった物がその人にあっているのか、日常生活において使用するさい問題ないのか、といったことを知っておく必要性がありますので、多くの薬についての予備知識が必要になります。

人と人との対面になりますので、コミュニケーション能力も必要です。
自分にあった転職をすることは大いに結構です。
環境などがかわることでストレスもあるかもしれませんが、自分の能力をいかに発揮できるかがポイントになります。